先日の礼拝内容

ハレルヤ!主を賛美いたします。
先日の礼拝は、新しい賛美を8曲、主にお捧げしました。
他にもささげものがいくつかありました。
メッセージは、愛について、でした。神様の基準と人の基準・・考え方は違う事はよく話していますが、愛の概念もそうです。一般に、私たちが思う概念が愛だとは、神の前では認められないことがあります。放蕩息子の兄は、なぜ父から諭されたのか?兄の悪い所、なおさなければいけない所はなんだったのか?・・というのを聞いて、すごく世の中にありがちなことで、私たちもそれが当然だと思って、見落としやすい部分があるのだなと思いました。
今回も、深い学びができて、感謝です。

伝道本が完成しましたので、本の印刷が終わったら、学びはこちらに移行します。
意外と福音が正しく語られていなかったり・・、欠けている部分があって、説得力がないなぁと思うことが多かったですが、これはそのすべてを網羅している本です。聖書の言いたいこと、まとめを凝縮した冊子です。
福音宣教で、伝えなければいけないことが、イエス様や使徒たちと比べて、何が足りないか?これで確認しましょう!
たいてい、宣教というと、イエス様の十字架のゆるししか伝えない事が多いでしょう。しかし、それだと、人々の反応は、「じゃあ、死に際に信じる」という、「今でなくとも良い」というのがほとんどです。十字架のゆるしだけを伝えていると、そうなります。
宣教している側も、福音を理解してないことになります。十字架だけを伝えれば良いのか?と。
クリスチャンでも、本当に福音を理解している人は、実は少ないです。しかし、これは、本当に基礎の基礎です!これらが土台にないといけません。

父の日のプレゼントの打ち合わせをしました。メンバーのお父さん方に発送しますので、よろしくお願いします。

子供の聖書のお話は、ネヘミヤでした。

栄光在主!
スポンサーサイト
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

バイブル研 エレモス会

Author:バイブル研 エレモス会
さらに深く、純粋に聖書の神様の言葉を学びましょう!
1コリ15:3 私が最も大事な事としてあなたがたに伝えたのは、私自身も受けた事であった。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおり、私たちの罪のために死んだ事、
15:4 そして、葬られた事、聖書に書いてあるとおり、三日目に甦った事、
15:5 ケパに現れ、次に、十二人に現れた事である。

ローマ1:17 神の義は、その福音の中に啓示され、信仰に始まり、信仰に至らせる。これは、「信仰による義人は生きる」と書いてあるとおりである。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR